カメラとねことゆるり生活

一眼レフカメラで日々の生活を時折ねこたちをまじえて撮っています。

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年08月

ガラスの街

小樽はガラスが有名です。

以前は街中に、漁業で使われる「浮き球」がたくさん飾られていました。
小樽のガラスは浮き球から始まったのでしょうか。




夏ということで、街灯にはガラスの風りんが下げられていました。
小さな可愛らしい音色が耳に優しく届きます。


DSC00602_convert_20130826223919.jpg



音色だけでなく、色とりどりの美しい風りん。
目も楽しませてくれます。

どれを撮ろうかしら?

DSC00624_convert_20130826180214.jpg



コーラの瓶がゲイジュツ作品に変身。
これも小樽ならではの技ですね。

DSC00576_convert_20130826225113.jpg



でも一番美しいのは
小樽駅の壁から吊り下がる333燈のランプです。

DSC00747_convert_20130826232226.jpg

北一硝子の昔ながらのランプが
何とも懐かしく、心温かく
小樽駅に立つ人を送り、迎えてくれます。



Comments(0)   Trackbacks(0)

避暑地

すっかりご無沙汰しております。
相変わらず残暑厳しい毎日ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

私はかなりネをあげております。


お盆休みに北海道に帰省しました。
避暑ができるとほくそえんでいたものの
あちらも案外暑く、雨のせいで湿度が高い毎日でした。



           


初めに訪れたのは小樽です。

火の見やぐらからの小樽運河。
運河は昔よりどんどんおしゃれになっていくのです。



DSC00530_convert_20130822113428.jpg

古い建物が多のはどこか横浜を思い出されます。


DSC00514_convert_20130822113946.jpg

運河のまわりには素適なお店がたくさんあって
ゆっくり時間をとって歩きたくなってしまいますね。


DSC00545_convert_20130822113614.jpg

ゆっくりアップしていきますので
お時間があったらまた覗いてみてください。

Comments(2)   Trackbacks(0)

耳のしるし

にゃん太の話が続きます。




この写真は3年くらいまえ
うちの庭に顔を出し始めたころのにゃん太です。

一瞬「タヌキ」かと思ったものでした。

右耳の先が削れているので
雄ねことケンカして、かじられたのだなあと
ずっと思っていました。


DSC07275_convert_20111118153740.jpg


今回ペットクリニックに連れて行ったら
この耳は去勢されているというしるしと教えてもらいました。

どなたかが善意で病院に連れて行き、去勢をして下さっていたのです。

そういう形のボランティアもあるのですね。




にゃん太は外にいた時はずっと「おうちの中に入れて~」と言って
家の中を覗いていたのに
今では「お外に出して~」な毎日です。


彼の自由を奪ったことが果たして良かったのか、
ちょっと弱気になったりしています。



    





暦の上では秋とのことですが、依然として厳しい暑さですね。
くれぐれもご自愛ください。

では、お盆明けにまたお会いしましょう♪



Comments(2)   Trackbacks(0)

気になります

とても気になることがあるのです。

あやつがなぜか玄関にいるのです。
ここから見張っていないと。




DSC00314_convert_20130805231524.jpg



おまけにお風呂までもらっているの。
野良ちゃんだからお水が嫌いと思われていたのに
うっとりおとなしくしていたとか。

ちょっと気に入らないわ~。



DSC00322_convert_20130805232318.jpg



DSC00331_convert_20130805232359.jpg


ブラシをかけて首輪をしたら
まるで昔から家ねこだったみたいじゃない。



あ、それ以上近寄らないでよ。フーッ!




DSC00385_convert_20130805233245.jpg



病院で検診を受けて注射をして来ました。
今日は少しリビングで過ごす練習をしました。

ミルキーに負担がないようにゆっくり慣らしていきたいと思います。



Comments(4)   Trackbacks(0)

お初のねこ!?

蒸し暑い日が続いていますね。
夏バテなどなさっていませんか?



先日仕事から帰宅したところ
うちの庭に動く物陰、それは一匹のネコでした。  



今まで見たことない、がりがりで毛がボソボソの子。
薄暗がりの中、近づこうとすると
よろつきながら遠ざかります。


一瞬にゃん太を思い出して
胸が痛くなりました。



するとその猫が鳴きました。
低い甘えるようなダミ声。

ぼろ布のようなその姿はにゃん太だったのでした。

すっかり痩せこけて、
相変わらず左手をかばっています。



今度こそ我家に迎えようと思いました。



翌日、テラスで爆睡していたところを
いとも簡単に確保しました。
持ち上げた時、ふわりと、ミルキーよりも軽かったです。



niyannta_convert_20130803122255.jpg



一部始終を片目で見つめるミルキーは
不安でシャーシャー言っています。

nyannta-milky_convert_20130803122415.jpg



私も少し不安とほっと安心との気持ちです。







Comments(4)   Trackbacks(0)
プロフィール

milkymama

Author:milkymama
白と茶トラの二匹の迷いネコを交えた賑やか生活です。
SONY α6000、Canon EOS 5D MarkⅢを散歩のお供に、ゆっくりマイペースで写真を撮っています。

最新記事
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
記事のカテゴリ
読みたいテーマを選んでください
最新コメント
月別アーカイブ
ねこ温度計
アクセスカウンター
ブログパーツ ハート
リンク
ご意見・ご感想はこちらから
情報交換しましょう♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--Powered--